世界経済と日本をもう一度成長国にするために。

世界経済は破綻すると唱える人もいるけど、理論的に考えて破綻しない。 仮に破綻してもすぐに復活、破綻前以上に復活、成長する。 人類は今まで戦争などをして人類自体の存続の危機もあったが、結局、今まで生き残り、なおかつ文明を成長させている。 最大の問題は、人口が減らないかどうか。

世界規模で人口が増えている中、先進国、特に日本の人口減少は深刻な問題。 今まで人類の文明が成長し続けてきたのは、人口が増え続けてきたからと言っても良い。当然、学習と改善、変化、進化してきたもある。 だが、前提として人が減るというのは、それだけ大きなマイナス要因となる。

地球規模で見て、人口が増えている国で先進国になっていない国もあるが、中国、インドなど人口が多い国では必ず、優秀な人間も多数出てくる。 ネットの普及で今以上に全世界の人々に平等に情報が行きわたるため、優秀な人間は自由に好きな国に移住し、新しい国でその国の成長を推し進める。

一方、日本の人口が減るということは、今以上に日本にいるだけで貧乏になる人は増えるということ。 消費税も15%以上になるし、年金や国保の負担額も増える。 改善策を講じなければ、相対的に所得が減る国民は子供を産む、育てるより自分が生きることを優先する。 負の連鎖だ。

すでに日本は20年間、平均年収が上がっていない国の1つ。他の先進国は数十%は上昇している。 ちょうど人口が伸び悩んだ時期と重なる。 日本は教育も文化も民度も勤勉で素晴らしい。 バブル時代には、日本人が世界トップの大富豪になった時期もあった。

日本などの先進国は成熟国家だからこそ、次の成長フェーズに向けて構造改革をするべきだ。 そのために僕は生きることにした。 世界を変える。国を作る。統一する。 ただ生きているなら死んだほうがマシだと高校の時から今でもずっと思っている。 日本だけでなく、全世界をより良い世界にしたい。

変化の穏やかは日常も好きだし、それで十分と考える人も多いことはわかる。 だが、自分だけは良くても、世界全体では常に生きるか死ぬかの人間も大勢いる。 一人ひとりが少しでも自分プラス誰かを想える世界にしたい。 それだけで世界はもっと良くなる。

関連記事

  1. 若い時の貧乏は尊いが、大人の貧乏は恥と怠慢でしかない。

  2. 【日本に革命を起こす同志を募集】

  3. YouTuber、ライブ配信者の月収が1億円超え。

  4. 【YouTube動画】【人生は自分で創るもの】過去、今、未来を決めるの…

  5. 投資家になることに決めました。

  6. 【先見の明】第2の仮想通貨バブルに乗れ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。