【故郷の宮城県】東日本大震災から7年経った今の僕の想い。

【故郷の宮城県】東日本大震災から7年経った今の僕の想い。
 
2011年3月11日、僕の生まれ育った宮城県石巻市では大地震、津波がありました。
 
過去にも宮城県沖地震は多数ありましたが、今回は地震のあとに大きすぎる津波も発生し、世界的にも大きな被害がありました。
 
死者約15000人、僕の家から歩いて3分の中学校には亡くなった方の死体が大量に運ばれていました。
 
僕はこの震災の時から大きく自分の人生に対する考え方が変わりました。
 
震災で罪のない赤ちゃんからご年配の方までたくさん亡くなりました。
 
僕は海から車で10分ぐらいのところに実家がありますが、たまたま家族含め生き残った。
 
「それなのにただ普通に生きているだけで良いのだろうか?」
 
震災から時間が少し経つにつれて、その想いはどんどん強くなりました。
 
そして、自分で何か大きなことを成し遂げたいと思い、ビジネスで成功してと思うようになりました。
 
2015年からたった一人で何もない中、ビジネスを初めて早3年目。
 
2016年9月に設立した会社は、2017年9月までの1年で年商10億円になりました。このタイミングで社員は一人もいない状態です。
 
それから今では社員を雇い、今に至ります。
 
僕がビジネスをやっている理由、お金を稼ぐ理由は、やはり世界的に資本主義社会の中で、お金こそ平等な価値の対価であり、そのお金があることでできることは非常に多いからです。
 
もちろん、お金が全てではないですが、お金があることでできることは非常に多いからこそ、まずはきれいごと抜きに僕自身がお金を稼ごうと思いました。
 
お金がないのにお金がないことが素晴らしいとは僕自身言えません。
 
お金を稼いでみて、それでお金がいらないと感じれば、その時に寄付もできるし、慈善団体を創ることもできると思っているのもあります。
 
今でもやりたいことはたくさんあるし、夢も目標も次々叶っていると同時に、新しくたくさん出てくる。
 
だから僕自身の成長のためにもさらに努力を重ねて、大きな成功を成し遂げたいと思います。
 
それを成し遂げたのが、宮城県石巻市出身の人間だと地元の人が自慢できる存在になるために。
 
 
それに日々いろいろなことをやったり、学ぶということは本当に楽しいことだし、もっともっと多くの人が自分の夢を見つけて、やりがいのある人生を送ってほしいと思う。
 
世界に出てみると日本の細かいところまでの完成度が本当にすごいと実感します。
 
「日本は恵まれすぎている」と言われたりするみたいですが、ある意味ではそうかもしれません。
 
特に日本は、みんなが平等な感じを大事にしすぎるからこそ、人の目を気にしたりするし、自殺やいじめが多いのだと思います。
 
もっと自由にもっと人生を全力で生きれば、生きがいが見つかるんじゃないかなと思います。
 
それも含めて、僕は世界をより良く、より楽しく、より便利に、より大きなことを何かまだわかりませんが成し遂げたいと思っています。
 
今はそのために自分を磨くためにもビジネスを頑張っていきます。
 
今年の目標の年商は、100億円。
 
来年は、1000億円。再来年は、1兆円と毎年0が一個増えるように頑張っていきたいと思います。
 
さて、今日も今月も今年も頑張りますよ!
 
 
 
~~~~~~~~~~~~
【佐々木啓太 メインLINE@】
超人気!17,200人突破!
 
★スマホの方は、こちらをワンクリックするとLINEに無料で登録できます。

http://host-hayato.hippy.jp/lp2016/sasaki-linelp/
 
直接、僕にLINEでメッセージを送ることもできます!
  
★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDを検索してください。

@htb7399y
~~~~~~~~~~~~

関連記事

  1. 【目標達成】どんな分野でも失敗せず、成功する方法

  2. 【仮想通貨で爆儲け】バブルに乗っかれば誰でも億万長者になれる。

  3. 【納税】レベルが上がりました。

  4. 【元気な国へ】日本に革命を起こします。

  5. 2018年一緒に仮想通貨で稼いでいく仲間募集!

  6. 1月6日にホームパーティします!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。