【ネットで稼ぎたい人へ】情報発信が最強の稼ぎ方

【ネットで稼ぎたい人へ】情報発信が最強の稼ぎ方

おはようございます、佐々木啓太です。

僕自身、2年前からこのようにネット上に情報発信していますが、個人がネットを使って稼ぐための手法として最強だと思っていました。

ですが、今日、ある本を読んでいて、自分のこの2年の経験と学びを考えたとき、新たな道が見えてきました。

それと同時に改めて、情報発信は最強だと思いました。

どういう理由かは、しっかり説明したいので、最後まで読んでほしいと思います。

ここ最近の僕の様子ですが、先月、莫大な富を日本に法人税として納めて、スッキリしたと同時に日本にいるのが嫌になったんですね。

それで最近かなり節税対策や日本から出て海外に移住すること、海外でビジネスをすることを最近考えたりしていました。

その関係で海外のマーケティングの勉強などをしていたのですが、今やっているネットビジネスを日本語ではなく、英語圏でやれば、すぐに売上げや資産は、数倍~10倍ぐらいになると思いました。

単純に世界の公用語の英語を使っている人口から考えれば、日本でやるより、海外でやったほうが規模は絶対にデカくなると思いました。

そう思って、再度、マーケティングの勉強をしていて思ったことがあります。

僕は最初に書いたのは、個人がネットで稼ぐには、情報発信が最強だと思っていたと書きました。

しかし、僕の経験やいろいろな情報を見て明確に分かったことがあります。

どんな大企業、有名人であれ、情報発信をしている人がいつの時代も勝っているということです。

ただ、株などの投資をしている人は、あまり関係ないですが、集客してなにかをなにかを販売するビジネスにおいては、絶対に必須の要素なのが情報発信です。

一言で情報発信といっても、なにかというと、単純にどこかか誰かに情報を発信していることです。

考えてみれば、世の中のほとんどの大企業、有名になった人は、いろんなメディアに出ています。

また、大企業といっても、基本はその大企業の顔になっている人がいます。

結局、その人が大企業の売上げのほとんどを支える存在になっています。

例えば、ソフトバンクといえば、孫さん。
iPhoneといえば、アップルを作ったスティーブ・ジョブズさん。
ディズニーランドといえば、ミッキーも発信力があるけど、それを作ったウォルトディズニーさん自身の影響力の力があります。

また、最近のわかりやすく事例でいえば、アメリカの大統領にまでなった、ドナルド・トランプさんは、まさに個人の情報発信をテレビ、ラジオ、新聞、SNS、などなど、使える限りのメディアを使って、自分のことを知ってもらうために情報発信しています。

そして、自分の考えをだれかに向けて発信しています。

ここで大事なポイントは、
「だれに向けて発信しているか」と、
「どれぐらいたくさんの人に知ってもらえるか」です。

この2つは、ビジネスで最重要だと今日、改めて認識しました。

まず、「だれに向けて発信しているか」が重要な理由は、どんなビジネスでもそうですが、お金を払ってくれるのは、人間です。

土地代が高いということがあっても、土地を買うのは人間しかできませんし、何より、お金を作ったのは人間であり、使うのも人間しかいません。

ということは、大前提として、SNSやブログに投稿するときや、何かの宣伝や広告を出すときなどは、基本といえば基本ですが、誰に見てもらえるかを顔を思い描いて書かないといけません。

そうすることで、見ている人の中で、「あ!自分のことにも当てはまることだ」と思えば、まずは自分の存在を知ってもらって、その後にコミュニケーションを取って、商品やサービスを販売して売上げを上げることができます。

だからこそ、情報発信において、だれに向けて発信しているかは、本当に大事です。

ちなみに僕は、どういう人に向けて書いているかというと、ネットでお金を稼ぎたいと思っているあなたに向けて書いています。

だから、あなたも僕の投稿を見てくれていると思います。

それで、情報発信のもう一つの重要な要素。

それが「どれぐらいたくさんの人に知ってもらえるか」です。

これも超重要です。

僕にもよく相談が来るのですが、佐々木さん、「私には売る商品がないんです」という人が来ます。

でも、大事なことは、集客の部分にも当てはまる、まずは知ってもらうことです。

僕もそうですし、大企業も芸能人も、結局は知ってもらっているから、影響力があるように見えるし、商品やサービスを自分が頑張って稼いだお金を払って買うことが出てくるんです。

そう、だからまずは、自分の存在を知ってもらうことが最重要なんです。

だからこそ、僕もたくさんのメディア、つまり、SNSやメルマガ、LINE@を広告費を使ってでも、いろんな人に知ってもらうようにしています。

これが本当に大事。

できれば、そのさらに上をいえば、自分がメディアを持つほうがかなり有利です。

ドナルドトランプさんは、自分のテレビ番組などを持っていたし、それ以外にもたくさんのメディアを持っています。

だから、ビジネスでも上手くいったし、大統領にもなれた。

特にこの知ってもらう、認知されているということは、ビジネスでは永遠のテーマです。

どんなに良い商品でも知られないままでは、絶対に売れることはありません。

また基本ですが、商品なんてものは、後から作れば大丈夫です。

特にネットビジネス、ネット通販をやっている人は、ほとんどが商品やサービスを後から作っている人がほとんどです。

もっといえば、ネット通販のビジネスモデルは、お客様から注文があってから、商品を発注や作成して、発送するのが定番です。

いろいろ話しましたが、ビジネスで成功したいと思っている人にアドバイスをすると、情報発信力をつけないと絶対に稼げないということです。

これは、どんなビジネスでも当てはまる話です。

特にお客様が来ない、集客に失敗している状態では、商品の良さを広めるのではなく、自分の発信力を付けたほうが成功します。

ということで、僕も最近、情報発信にますます力を入れたいと思っていますので、また気づきがあればあなたに教えていきたいと思います。

それでは。

佐々木啓太

 

 

関連記事

  1. 【激アツICO】バンクエラ登録&購入方法

  2. 【動画】新年のあいさつと今年の目標

  3. 日本革命プロジェクト発足パーティ大好評!

  4. マイイーサウォレットの作成方法

  5. 【業界超大物達と】1年で10~100倍のお金持ちへ

  6. 仮想通貨バブル、そして僕のやりたいこと。

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 梶原まち子
    • 2017年 11月 12日

    佐々木様
    こんにちは、お世話になっております。
    今日の情報発信についての、コラムですが、現在の私共の会社にベストマッチしていて、これは社員にも伝えたいと心底思いました。
    自社はちょっとネームバリューに弱い所がありましたので、ハッと気付かされました。
    早速レポートにし、次の会議で社員に伝え、しっかりと情報発信の充実に努めて参ります。

    佐々木様、どうもありがとうございました(╹◡╹)