本当の不労所得は、投資でしか得られない。

本当の不労所得は、投資でしか得られない。
 
不労所得と聞いてあなたはどう思いますか?
 
僕も今までいろいろなビジネスをしたり、ビジネスモデルを聞いたりしてきて、不労所得を勘違いしていた時期もあります。
 
特にネットワークビジネス、MLMでは不労所得という言葉が多く聞きます。
 
これは不労所得ではなく、レバレッジが効くビジネスという表現が当てはまると思います。自分がグループで活動しないとダウンも活動しなくなる確率はかなり高いのは自分も何度もやったことがあるからわかります。
 
 
真の不労所得とは、まさに何もしないで生み出される収入のことです。
 
やることは、お金が入金されるのを待つことぐらい。
 
そんなことはあり得ないと思う方も多いと思いますがありえます。
 
安全で簡単なところで言えば、定期預金です。
 
日本では定期預金や国債を買っても、金利は年利1%も行きませんよね。
 
100万円を定期預金にしても、0.1%ほどが平均です。
 
100万なら、1年で1,000円しか増えません。
 
これでは、たしかに不労所得ですが、少なすぎますよね。
 
ですが、海外の新興国だと違います。
 
僕の住んでいるマレーシアは、アジアでも金利が高く、しかも、一度もマレーシアの国内の銀行は倒産をしていません。
 
さらにペイオフ、つまり、預金保証も600万円前後まであります。日本と同じような預金保証がありながら、定期預金の金利は、3%もつきます。
 
100万円を預けていれば、1年で3万円です。
 
1000万なら、30万。
1億円なら、300万。
10億円なら、3000万。
100億円なら、3億円。
 
が何もしなくても口座に入金されていきます。
 
しかも超安全に増えていくわけです。
 
さらに年利は、3%と聞くと人によっては少ないと思うと思います。
 
僕ですが、かなり安全に増やせるメリット、一切何もしないで3%増え、アジアでも経済が安定しているマレーシアの銀行で3%はかなり魅力的です。
 
そして、複利で考えれば、2年目以降は、金利で増えた元本にさらに金利が付きます。これによって、雪ダルマ式にお金が増えていきます。
 
僕も安全な資産運用として、自分の貯金的な感じで、3000万円ほどを定期預金にしようと思っています。
 
この資金を定期にしようと思った理由は、株やFX、仮想通貨のような自分で稼ぐ、運用する資金を80~90%にしたい。理由は、もっと短期で資産を増やしたいため。
 
それ以外の生活費で10%ほど持ち、それ以外は定期預金と投資に回していきたいと考えたからです。
 
定期預金という極めて安全で何もしないで増えるというメリット、不労所得を最大限に理由したいと思ったわけです。特に僕のような一人でビジネスをやっている人なら、銀行に預けて銀行がお金を増やしてくれる、働いてくれるのは本当にありがたいです。
 
要は、定期預金にすれば、自動化が効く、安全に比較的大きなお金でも増やせるということです。
 
今後、様子を見て、資産を自分で運用する部分と、誰かに任せる投資に分けていきたいと思っています。
 
そのペースもどんどん上げていく、それプラス、ネットビジネスの収益も生活費を除いて、全額、定期預金か、トレードの軍資金にしていき、不労所得を増やしていく戦略です。
 
 
また、それ以外の方法で有名なのは、不動産投資です。
 
ただし、僕は今のところやる予定はありません。その理由は、定期的に述べているので僕の記事から察してください。
 
家賃収入や物件価格が上がれば、それを売却して利益を出すことができます。
 
ただ、借主を探したり、任せたりするとお金がかかったり、空室リスクもあります。また、物件価格が下がる一方の人気のない場所、物件、部屋を購入すると、購入価格から下がり続けます。
 
要は無駄な財産になるわけです。
 
ただ、建物として存在しているので、一定の価値は付くメリットがあります。株やFX、仮想通貨などは、自分が下手ことをすれば、全額無くなることもあり得るわけです。
 
その点で不動産は手堅いと言えます。また銀行からの融資も受けやすい点もあります。
 
 
その他には、権利的なものもあると思いますが、僕レベルでも手に入れることは不可能だと思います。
 
話はいろいろきますが、おそらくそういう話は、資産1000億円レベルなどにならないとまともな話はこないと思います。
 
だから年収が低い段階では、自分の身の丈を超える良い話は、絶対にないと思ってよいです。話を聞く時間はビジネスや投資の勉強に充てたほうが効率が良いです。
 
 
仮想通貨に関しても、数年後に価値が大幅に上がっているコインやICOは、今あるコインの中でも、5%程度だと思います。
 
 
 
最後に僕がトレードしようと思った理由。
 
僕は最近は、いろいろな投資を勉強しています。
 
まず、毎日、仮想通貨のチャートを見て、トレードをすることはもちろん、さらに株とFXも勉強しています。
 
理由は、相関関係が一定レベルであるからです。
 
また、トレードをしようと思った最大の理由は、資金が大きくなってもやることは同じだからです。
 
それに加えて、複利の力も資金が大きければ大きいほど膨らむからです。
 
これは、まさに金言だと思います。
 
これを理解して実際にトレードをやっている人はプロトレーダーは当たり前かもしれませんが、一般人レベルで理解している、理解といっても実際に体感している人はほとんどいないと思います。
 
どういうことかというと、トレードの手法、主に短期、中期、長期などのスタイルや、株、FX、仮想通貨、多数の金融商品があれど、チャートを見て、テクニカル分析、ファンダメンタルズ分析をして、上がるか、下がるか、停滞か、3方向のどれかに賭けるだけです。
 
さらに停滞の場合は、資金はそのままですから、そのあとに動いた方向が上か下かを読むゲームです。
 
また、資金が10万円でも、10億円でもそれ以上も基本は同じことの繰り返しです。
 
もちろん、資金の量から手法や銘柄は変えたりするでしょうが、やることは基本一緒なわけです。
 
このことからも、できる人からすれば、イージーなゲームであることはまちがいありません。
 
ただし、イージーと言っても僕自身も全財産を失う可能性は、常にあると心得ています。
 
そのために最悪無くなっても良い資産だけでトレードをしています。けっこうデカいですが、それでも、定期預金で3000万円もあれば、十分でしょうし、普通預金にも同じぐらいあります。
 
また毎月それと同じぐらいの収入もネット上から入ってきます。
 
さらに言えば、トレードをさらに極めて、先出しでネット上にポジションを公開し、それの的中率が高ければ、たちまちネット上で有名人になり、そこからトレードの塾やサロンの販売、そこからの収益も望めます。
 
ここまでの話は、トレードで勝てる人という絶対的なブランドがないと難しいですが、なれば良いわけです。
 
僕はなる価値は十分あるし、絶対にこのようになりたい、数年かけても、絶対にこのようになると決めています。
 
 
今までの小さい成功体験でいえば、ネットビジネス業界でも僕を知らない人はいないレベルに2年でなれました。目安で客観的に数値化すれば、アフィリエイトで月収3000万円超えるレベルなら、ネットビジネスをやっている人でも1000人~1万人に1人のレベルでしょう。
 
それでも、トレードで勝てる保証は、1%もありません。しかし、上から述べてきたメリットを重ねれば、トップトレーダーにならない理由はないと思っています。
 
そして、真の不労所得を得られるレベルの100億円~1000億円を今後数年以内に実現したいと思っています。
 
かなり長い闘いになるかもしれませんが、投資は今後も人類が生きている限り続いていくことでしょう。
 
今よりも1000年ほど前から相場というものはあるようです。僕が生きている時代ならば、まだまだ変化はあれどトレードの概念、投資の概念はあるはずです。
 
一生もののスキルだからこそ、まだ若いうちに身に付けておきたいと思い、そして、この想いを届けたいと思い、文章にしてあなたにお届けしました。
 
あなたも間違いなく、投資やトレードを勉強したほうが人生で大きなメリットがあると思います。
 
僕は気づくまでに3年かかりましたが、僕の読者には先回りして教えておきます。
 
投資こそが、最強だということ。
 
 
 
【追伸】
 
LINE@に登録者限定で、僕が1000億円を稼ぐために必要だと思っている情報、考え方、思考、トレード手法を全てまとめました。
 
プレゼントが欲しい方は、「仮想通貨トレードマニュアル希望」とメッセージください。
 
~~~~~~~~~~~~~
【佐々木啓太 メインLINE@】
超人気!27,000人突破!
 
★スマホの方は、こちらをワンクリックするとLINEに無料で登録できます。
 
直接、僕にLINEでメッセージを送ることもできます!
 
★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDを検索してください。
@htb7399y
 

関連記事

  1. 若い時の貧乏は尊いが、大人の貧乏は恥と怠慢でしかない。

  2. 【動画】新年のあいさつと今年の目標

  3. 短期で成功に必要なのは、暇な時間とシンプルさ

  4. 【残り約2ヶ月】目標の達成のための現状把握と改善アクション

  5. 【人生の楽園】お金稼ぐなら、マレーシア最強説&投資家になる

  6. YouTuber、ライブ配信者の月収が1億円超え。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。